雪花(せっか)絞りは可愛くて綺麗!

雪花(せっか)しぼりの魅力についてのお話

雪花絞りは昔は「おしめ」の柄として使われていましたが

最近ではそのイメージは払拭されて1つのテキスタイルとして用いられています。

数年前、檀れいさんが金麦のCMで雪花絞りの浴衣を着ていますし、

最近だとauのCM、浦島太郎役の桐谷健太さん、袖の部分が雪花しぼりです。

雪花絞りは手ぬぐいを正三角形に折りたたみ、三角形の板で挟んで端や辺を染める板締め絞りの1つです。

雪花絞りの染める前の様子

愛知県の伝統的工芸品の1つである有松・鳴海絞りにも含まれ、400年の間同じ技法で作られています。

雪花絞りは折りたたみ方や染料の浸け具合によって多くの表現できるので

一口に雪花絞りと言っても色んな柄があるんですよ。

有松鳴海絞の体験をして手ぬぐいを広げている様子

面白いですよね!

 

この雪花絞りをポップにアレンジしたお店が名古屋の有松にあります。

まり木綿さん http://marimomen.com

まり木綿のホームぺージ表紙

芸術大学時代に授業で有松鳴海絞りに出会ってから独自のデザインで展開し人気のお店となっています。

花のような、雪の結晶のような、、、

可愛くて綺麗な「雪花(せっか)絞り」

皆さんもぜひ覚えてくださいね!


次回の「和紙でおりぞめ」ワークショップの案内

親子deお愉しみmarché

日程:5/4(土)・5/5㈰
開催時間:10~17時
会場:mozoワンダーシティ
1階イーストコート
愛知県名古屋市西区二方町40
入場無料

ぜひ遊びに来てくださいね!


5月の工芸体験の案内

親子で雪花絞り体験

開催日時:5月19日(日)10:00〜12:00
集合場所:名鉄 有松駅 改札口前
体験場所:愛知県名古屋市緑区 有松工芸
講師 : 濱島正継
定員:親子10組
参加費:2,200円+税/人       体験教材費込み

まだまだ参加者受付中!

申し込み方法は下部のLINE@を登録して下記のようにメッセージを送ってください。

「5月19日 雪花絞り体験

大人1名、子供2名(7歳と5歳)」

折り返しこちらから返信しますね。

 

工芸体験の申し込みはこちら友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です