親子で工芸体験〜雪花絞り〜無事終了しました

19日(日)にアットホームスタジオ主催の〜親子で工芸体験〜

雪花(せっか)絞りのハンカチを染めよう!を開催しました。

参加してくださったみなさま、ありがとうございました!

 

大人と子供合わせて20人の方が参加しましたが、ほとんどの方は雪花絞り初体験でした。

はじめに、今回体験させていただく「有松工芸」の講師:濱島正継さんから

有松の歴史や絞りの特徴、雪花絞りの染め方のお話がありました。

有松工芸で雪花絞りについて話を聞いている様子

そのあと、実際にハンカチまたは手ぬぐいを折りたたんでいきます。

このとき「和紙でおりぞめ」を体験した子がいて、その子は濱島さんの説明を聞いた時に「はっ!これって!」と気付いてすぐに作業に取り掛かっていました。

「正三角形ってどうやって折るの〜」

「端っこがそろわない〜」

「どの模様にしよう〜」

とワイワイ言いながら畳んだ布を三角形の板で挟みます。

結構みなさん作業が早くて、すぐに外で染色が始まりました。

色はピンク・青・緑の3色から選びます。

 

染料に浸けてから30秒じっとしてます。

雪花絞りの手ぬぐい染めを体験している男の子

洗って広げたら、、、わぁ!きれいな雪花模様ができました!

染め上がった雪花絞りの手ぬぐいを広げる職人さん

毛細血管現象で染料が布に染み込んでいく様子を見てドキドキします。

上手に花が、雪の結晶ができていますように。。。

みんなの染めたハンカチや手ぬぐいが風に泳いで綺麗ですね。

染め体験の後は有松の東海道沿いにある「有松山車会館」へ。

名古屋の中でもかなり古い山車として有名だそうです。

この山車に1階に15人、2階に15人が乗ってお祭りは練り歩くそうで、

総重量40トンと言ってました。ひぇ〜!

最後に出し会館の前で、みなさん染めた手ぬぐいを持って写真をパシャリ。

天気がいいのでカラフルな色が映えますね!

みなさん本当に上手に染めていています。

一人として同じものはない世界で1つのアイテムです。

 

1枚追加で染めた子、お父さんにプレゼントするんだって!

親子で工芸体験〜雪花絞りの手ぬぐいを染めた親子〜

高校生の息子さんと参加してくださいました。なんて素敵な親子関係!

親子で工芸体験〜雪花絞りのハンカチを染めました

仲良しチームでパシャり。

子供たちが雪花絞りを持っている様子

かわいい二人♡

雪花絞りの手ぬぐいを持っている男の子と女の子

〜参加してくださった方のメッセージ〜

・なかなか工芸体験する機会はないから、参加してよかった

・子供に興味があるか不安だったけど、楽しんで参加できてよかった

・やっぱり工芸体験は楽しい、子供も満足してました

・参加する前からワクワクしていました、短い時間でしたがとても充実して満足できました

 

嬉しいご意見をいただけて、私も嬉しいです!

親子で工芸体験、今後もシリーズ化して開催していく予定です。

これからもよろしくお願いします^^

 

工芸体験の情報はこちらから配信友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。