伝統工芸の技術を未来へ紡ぐ

名古屋友禅の職人の手

伝統工芸技術を後世に残していきたい。
伝統工芸職人が活躍できる場を増やしていきたい。
伝統工芸が“在る”ライフスタイルを発信していきたい。

日本には約300の工芸産地があり、約1300種類の工芸品が生まれています。
世界屈指の伝統工芸大国でありながら、生活の場からはその姿が消えつつあります。
様々なジャンルのクラフトマンズ(職人や作家)の技術をもって人の手で創られ、
手から手へとわたっていく文化をもう一度活性化し、
新くも懐かしいライフスタイルを提案・発信していきたいのです。

ご挨拶

株式会社アットホームスタジオのホームページへお越しいただき、誠にありがとうございます。
代表の私は元医療職、工芸とは無縁の日々を過ごしていました。
そんな中、旅行業界で働く主人から日本の伝統工芸のすばらしさを聞き、工芸に興味を持つようになりました。
全く縁のない伝統工芸の世界に飛び込んで分かったことは、
工芸と接する機会があれば誰もが好きになるアイテムであること。
敷居が高いモノではなく、日常の中で活きるモノ。
古くさいモノではなく、日々アップデートされたモノ。
何よりも、手作りならではの“温かみ”“ゆらぎ”“繊細さ”は使う人の心まで豊かにしてくれます。
工芸ファンの方も、今まで工芸に接する機会がなかった方も
それぞれの「きっかけ」を通して伝統工芸を取り入れてみてはいかがでしょうか。

株式会社アットホームスタジオ代表

中村亜弓